• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

代々、一家の家督を受け継いでいること。また、その人や、そのような家柄。嫡流。

「徳川の家には―の自分であると思うと」〈菊池寛・忠直卿行状記〉