• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

葛西善蔵 (かさいぜんぞう) の小説。大正7年(1918)発表。借家を出され、子供を連れて夜の街をさまよい歩く貧しい小説家の哀感を描く。