• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宇野浩二の小説。大正12年(1923)発表。生活のために子供を貸すという商売を通じて、市井の哀歓を描く。