孔子の解説 - 小学館 大辞泉

孔子 (こうし) 。また、孔子の像。

「―など掛け奉りてすることなるべし」〈・一三二〉

[前552~前479]中国、春秋時代の学者・思想家。魯 (ろ) の陬邑 (すうゆう) (山東省曲阜 (きょくふ) )に生まれる。名は丘 (きゅう) 。字 (あざな) は仲尼 (ちゅうじ) 。諡 (おくりな) は文宣王。早くから才徳をもって知られ、壮年になって魯に仕えたが、のち官を辞して諸国を遍歴し、十数年間諸侯に仁の道を説いて回った。晩年再び魯に帰ってからは弟子の教育に専心。後世、儒教の祖として尊敬され、日本の文化にも古くから大きな影響を与えた。弟子の編纂 (へんさん) になる言行録「論語」がある。くじ。

学者・教授
出生地
中国
生年月日
10月9日 てんびん座
没年月日
3月9日

出典:青空文庫

出典:gooニュース