• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伊良子清白の詩集。明治39年(1906)刊行。約200編の中から自身が厳選した18編が収録されており、明治詩壇の代表作の一つとされる。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉