• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

漢字音を仮名によって表記するときの仮名遣い。特に、歴史的仮名遣いのうち、漢字の字音における同音のものの仮名の書き分けをいう。例えば、「こう」という音の漢字「孝」「甲」「公」「劫」「皇」をそれぞれ「かう」「かふ」「こう」「こふ」「くゎう」と表記する類。主として「韻鏡」により、江戸時代に大体まとめられた。