• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

連句で、前句の季よりも早い季の付句 (つけく) をすること。例えば、晩秋の句に初秋で付けるなど。落ち着かないので、よくないとされる。