[名・形動]

  1. 仲間や身寄りがなく、ひとりぼっちであること。思うことを語ったり、心を通い合わせたりする人が一人もなく寂しいこと。また、そのさま。「孤独な生活」「天涯孤独」

  1. みなしごと、年老いて子のない独り者。

    1. 「窮民―の飢ゑをたすくるにも非ず」〈太平記・三三〉

[派生]こどくさ[名]

出典:gooニュース