• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

孤雲懐奘の解説 - 小学館 大辞泉

[1198~1280]鎌倉中期の曹洞宗の僧。京都の人。比叡山の僧であったが、のち、道元に師事し、永平寺第2世となった。著「正法眼蔵随聞記」など。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉