• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

他に離れて空に浮かぶひとひらの雲。片雲 (へんうん) 。

「―野鶴を見て別天地に逍遥するは」〈透谷・山庵雑記〉