[動バ四]《「まなぶ」と同語源》
  1. まねをする。まねをしていう。

    1. 「鸚鵡、かねて聞きしことある大隊長のこと葉を―・びしなりけり」〈鴎外・文づかひ〉

    2. 「みどりごの絶えず―・ぶも」〈かげろふ・上〉
  1. 見たこと聞いたことをそのまま人に語る。

    1. 「この夢合ふまで、また人に―・ぶな」〈・若紫〉

  1. 教えを受けて身につける。習得する。

    1. 「琴、はたまして、さらに―・ぶ人なくなりにたりとか」〈・若菜下〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース