• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「がくち」とも》仏語。悟りを得るためにまだ修行を必要とする境界。小乗仏教では、無学に達していない有学者の境地。