1. 律令制で、中央の大学、地方の国学で学ぶ者のこと。また平安時代、諸氏の開いた大学別曹で学ぶ者。学徒。

    1. 「度々のぼりたる―の男 (をのこ) ども」〈宇津保・俊蔭〉

  1. 比叡山高野山などの諸大寺で、学問修行を専門とする僧。学僧。学侶。

    1. 「南北二京に、これ程の―あらじものを」〈宇治拾遺・四〉

  1. 学問。学識。

    1. 「―も人に勝 (すぐ) れ、説経も上手なり」〈今昔・二〇・三五〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース