• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

1960年に発見された、蠍座方向にある電波天体太陽系からの距離約4万光年で、2つの円錐の頂点を逆向きにつなげたような形状。大きさは約110光年。発見後ながらく正体が分からなかったが、2014年に慶應義塾大学などの研究チームが、X線天文衛星「すざく」などによる観測で解明した。中心にある、現在は不活性なブラックホールが活発だった時期に両極から噴出した2本の宇宙ジェットと、それらが分子雲と衝突して形成された両端のプラズマが輝いている。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉