[動ラ四]

  1. 見まもる。見張る。番をする。

    1. 「見し人のかげすみはてぬ池水にひとり宿―・る秋の夜の月」〈・夕霧〉

  1. そばにいて、まもり育てる。

    1. 「殿を二歳の年より今年二十五になり給ふまで―・り奉りて」〈延慶本平家・二末〉

  1. すきをうかがう。

    1. 「人目―・る我かはあやな花すすきなどかほにいでて恋ひずしもあらむ」〈古今・恋一〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース