• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世、守護使がその地域に立ち入って段銭 (たんせん) 徴収や罪人逮捕をするのを禁止すること。寺社・権勢家の荘園の特権であった。守護使不入。