• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

禅宗で、新しく得度受戒した僧に、戒師が法名 (ほうみょう) を与えること。また、そのときの文書。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉