• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

里見弴の長編小説。昭和2年(1927)から昭和5年(1930)にかけて複数の雑誌に発表、昭和6年(1931)刊。著者自身をモデルとした作品群「昌造もの」の一つで、兄の有島武郎が大正12年(1923)に起こした情死事件を中心に描いている。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉