《アンデス山脈の火山岩に命名されたandesiteから》火山岩の一。斜長石輝石斑晶 (はんしょう) を含み、また、角閃石 (かくせんせき) 黒雲母 (くろうんも) を含むこともある暗灰色の岩石。板状・柱状の割れ目がある。日本で最も普通の火山岩で、土木・建築材や墓石などに使用。

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫