• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

安部公房の解説 - 小学館 大辞泉

[1924~1993]小説家・劇作家。東京の生まれ。本名、公房 (きみふさ) 。前衛的手法で現代文学に新生面を開いた。小説「砂の女」「他人の顔」「燃えつきた地図」、戯曲「友達」など。

安部公房の解説 - SOCKETS人物データベース

『砂の女』をはじめとする作品で戦後を代表する小説家、劇作家。海外からも高く評価されている。
出生地
東京府北豊島郡滝野川町(現・東京都北区滝野川)
生年月日
1924年3月7日 うお座
没年月日
1993年1月22日(享年68歳)
別表記
あべ・きみふさ