• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

どこまでも完全性を求めて妥協できずに、結局挫折や自責の念にとらわれる心的傾向。