• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

植物の育成に適した環境を人工的に制御する、外界から隔離された植物工場。人工光を利用し、気温、湿度、液肥などを管理するため、天候に依存しない栽培が可能。また、病原菌や害虫が侵入しにくいため、農薬の散布が不要となる。露地栽培にくらべ、栽培期間の短縮、人件費や水道代のコスト削減、土地の有効利用を図ることができる。完全密閉型植物工場。