• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

律令制で、官職をそれぞれ相当する位階に配して等級を定めること。例えば、太政大臣は正・従一位、左右大臣は正・従二位など。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉