• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「免」は年貢の賦課率のこと》江戸時代の徴税法の一。過去5年・10年・20年間などの田租額を平均して租額を定め、一定の期間内はその年の豊凶に関係なく、定額を徴収したこと。風水害などで損害が著しいときは、破免という処置をとって減税した。→検見 (けみ) 

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉