桃山時代、大坂の薬種商村田定斎が明人の薬法を伝えてつくり始めたという煎 (せん) じ薬。夏期の諸病に効能があったという。じょさい。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉