• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、開墾・埋め立てなどに多額の費用を要した田畑に、年々の豊凶による増減のない、軽い年貢を永久に課したこと。