室町時代から江戸時代にかけて、正月に行われた福引きの一種。数本の細い縄を束ねて、その中のどれかに橙 (だいだい) の果実、または金銭などをつけておき、それを引きあてた者を勝ちとした。辻宝引き。