縁起物の一。宝物・米俵・七福神などを乗せた船。また、それを描いた絵に「なかきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな」という回文歌 (かいぶんうた) を書き、正月2日の夜、枕の下に敷いて寝るとよい初夢を見るという。 新年》「―目出度さ限りなかりけり/虚子

出典:青空文庫