• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

(フランス)existentialisme》人間の実存を哲学の中心におく思想的立場。合理主義実証主義に対抗しておこり、20世紀、特に第二次大戦後に文学・芸術を含む思想運動として展開される。キルケゴールニーチェらに始まり、ヤスパースハイデッガーマルセルサルトルらが代表者。実存哲学。

[文学/外国の文学]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉