• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ある病気と診断されてから一定期間後に生存している確率。死因は病気に関係なく、自然死によるものなども含まれる。がん治療では5年または10年を目安とすることが多い。→相対生存率

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉