• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代の教訓書。1巻。著者・成立年とも未詳であるが、俗に、空海の著といわれる。経書の中の格言を抄録し、たやすく朗読できるようにしてあり、江戸時代には寺子屋などで児童用教科書として使用された。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉