• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

対象をあるがままに、作者の主観を加えずに描き出すこと。自然主義文学で多く試みられた。