《「まらひと」の音変化。古くは「まろうと」》訪ねて来た人。きゃく。きゃくじん。

「観兵の間に設けたる夕餉に急ぐ―、群立ちてここを過ぎぬ」〈鴎外・文づかひ〉