• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

有島武郎による評論。大正11年(1922)発表。プロレタリア文学の立役者たる第四階級者と、自らの立ち位置の違いに起因する、文学者としての苦悩を吐露したもの。当時の文壇に論争を巻き起こした。この論争には広津和郎、片上伸、河上肇堺利彦などの文学者や思想家たちが加わった。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉