1. 律令制で、太政官 (だいじょうかん) 八省の一。皇室の庶務・土木・用度などを取り扱った。

  1. 明治2年(1869)に設置され、皇室関係の事務を取り扱った官庁。→宮内庁

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉

[社会/政治]カテゴリの言葉