• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代以降、不吉を避け、幸福を祈願して、正月と12月の初午 (はつうま) の日に、高皇産霊神 (たかみむすひのかみ) 以下6柱の神を祭ったこと。みやのめのまつり。