• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宮川香山の解説 - 小学館 大辞泉

[1842~1916]陶芸家。京都の生まれ。横浜の太田町に築窯し、初めは薩摩ふうの錦手 (にしきで) 、のちに精巧な磁器を制作。→真葛焼 (まくずやき) 

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉