《「みやき」とも》

  1. 宮殿・神殿を造営するための用材。

    1. 「―引く泉の杣 (そま) に立つ民の休む時なく恋ひ渡るかも」〈・二六四五〉

  1. 宮殿の樹木。

    1. 「荒れにけり志賀の都の秋風に一人や月の―守 (も) るらん」〈新葉・秋下〉