• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
竹久夢二による三行詩。大正2年(1913)刊行の絵入り詩集「どんたく」に収録。
唱歌。にバイオリン奏者の多忠亮 (おおのただすけ) が曲をつけたもので、楽譜は大正7年(1918)出版。のち、西条八十により2番の歌詞がつけられた。