• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 家の番をすること。また、その人。

  1. 江戸時代、地主・家主に代わってその土地・家屋を管理し、地代・店賃 (たなちん) を取り立て、また、自身番所に詰めて公用・町用を勤めた者。差配人。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉