• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、家屋や敷地を抵当にして金を借りること。また、その家屋敷。いえじち。

「烏丸通に三十八貫目の―を取りしが」〈浮・永代蔵・二〉