1. 旅先で宿をとること。また、その場所。「一夜の宿り」

  1. 星が天体で占める座。星座。「星の宿り」

  1. 一時そこに住むこと。また、その場所。

    1. 「秋田刈る仮廬 (かりほ) の―にほふまで咲ける秋萩見れど飽かぬかも」〈・二一〇〇〉

  1. 仮にとどまること。また、その場所。

    1. 「―せし花橘も枯れなくになど郭公 (ほととぎす) 声絶えぬらむ」〈古今・夏〉

出典:青空文庫