• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸時代、大名旗本などが宿泊する本陣脇本陣の門または宿の出入り口に、宿泊者の名を書いて掲げた札。関札 (せきふだ) 。しゅくさつ。

  1. 姓名などを記し、門口に掲げて、その人の住居であることを知らせる札。表札。門札。

    1. 「そのかどをも恥ぢず、―見かけてまはりぬ」〈浮・好色盛衰記〉