• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「論語」顔淵の「子路、諾を宿 (とど) むること無し」から》一度承諾したことをぐずぐず引き延ばして実行しないこと。