• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 自分の家を得て、そこに落ち着くこと。家庭を持つこと。

    1. 「―して六十日そこらぢゃが」〈滑・浮世風呂・四〉

  1. 奉公人が暖簾 (のれん) 分けをしてもらって独立すること。

    1. 「相応の者を女房にもち、―のはじめ」〈浮・新永代蔵〉