• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 鎌倉・室町時代、惣領に対する庶子。

  1. 戦国大名の軍事組織で、寄親のもとに編制された在地土豪など。

  1. 江戸時代、人宿 (ひとやど) にいてその主人を寄親とし、奉公口を探す者。

  1. 配下。手下。

    1. 「―ども引きつれて住み侍る」〈宇津保・楼上下〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉