• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良時代に中国から伝来し、平安初期まで盛行した絵画の技法。また、その絵。

  1. 密陀の油で顔料を練って描いた一種の油絵。玉虫厨子 (たまむしのずし) の絵などにみられる。油画 (ゆが) 。

  1. 膠 (にかわ) に顔料をまぜて描いた上に密陀の油を塗って光沢を出した絵。正倉院御物などにみられる。油色 (ゆうしょく) 。

[補説]密陀絵の語が用いられたのは近世になってからで、当時は漆器の装飾についていったが、明治以降は古代の遺品に適用されるようになった。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉