番号入りの札や券などを販売し、抽籤 (ちゅうせん) など偶然により当籤者を決め賞金を支払うくじ。江戸時代には、興行主が番号入りの富札 (とみふだ) を売り、別に用意した同じ番号の木札を箱に入れ、期日に箱の小穴から錐 (きり) で木札を突いて当たりを決め、賞金を支払った。主に寺社が修復費募集の場合に許可されて興行主となった。江戸では谷中感応寺・湯島天神目黒不動のものを三富といった。富突き。福富。見徳。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[社会/法律]カテゴリの言葉

出典:青空文庫