冬の夜の冷たくさえわたった光の月。 冬》「―や我ひとり行く橋の音/太祇

出典:青空文庫