• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

寒煖饑飽の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

寒さ、暖かさ、飢え、満腹といった日常生活の苦しみや楽しみのこと。苦楽と同意。▽「寒煖」は寒さと暖かさ。「饑飽」は飢えることと満腹になること。貧乏と裕福。「煖」は「暖」とも書く。
出典
白居易はくきょい「微之びしに与あたうるの書しょ
句例
寒煖饑飽を共にした夫婦
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。